ハルジオンとヒメジョオン

昨日は散歩のコースをちょっと変えたらハルジオンに出会いました。
ヒメジョオンとの区別がなかなかつきませんでしたが今回ハッキリと違いが分かりました。
ハルジオン、ヒメジョオン、母子草などを摘んで帰りました。
a0140014_15123788.jpg

↑上に入れている背の高い方がハルジオン、右下にちょこっと入れているのがヒメジョオン。


ハルジオン(春紫苑) 花期 4~5月
花びらは糸のように細い。
a0140014_10273136.jpg

葉のつき方は茎を抱くように。
a0140014_10283780.jpg

茎を切って見ると空洞
a0140014_10293828.jpg


ヒメジョオン(姫女苑) 花期 5~8月 当地では随分長く咲いています。
花びらは多少幅がある
a0140014_10373895.jpg




葉のつき方はまっすぐにつく
a0140014_10391591.jpg


茎を切って見ると白い綿のようなもの(髄)が詰まっている。
画像は綺麗に撮れず・・・
まだ、他にも色々違いがあるようですが、
今回この三点で花を見分ける事ができました。
(きになるうさみみさんのブログを見せて頂きました。有難うございました)

a0140014_10532935.jpg



ブログランキングに参加しています。
↓をクリックして、応援お願いします。
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村

このブログの文章、写真及び画像の無断転載、無断使用を禁じます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~〜〜〜〜
[PR]
by tyanohana | 2017-04-22 10:54 | 散歩 | Comments(2)
Commented by natsume at 2017-04-24 00:40 x
姫女苑は、知っていましたが、春紫苑って知りませんでした。
この度、その違いも大変よくわかり勉強になりました。
野の花の良さがいかんなく表現され、野遊びのこと等が懐かしく思い出されました。
Commented by tyanohana at 2017-04-24 10:18
natsumeさん おはようございます。
ヒメジョオンはよく見かけますよね。
私も今回違いがよく分かりました。
蕾の糸がぎっしり詰まって吹き出してくるような姿も特徴がありますね。こうして見ると。
昔はよく外で遊びましたね。
草笛も得意 ^ - ^


<< 宝鐸草が咲いていました ドウダン躑躅とモコモコバッグ >>